fc2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
03« 2024/04 »05

プロフィール

ブルーマオマオ

Author:ブルーマオマオ
1998年4月いろは横丁内にオープン。ビンテージ時計の販売・修理・買取を行っております。
宮城県仙台市青葉区一番町2-3-30
Tel 022-216-9666
11:00~19:00 
水・木曜日定休 

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

ヘリサート

北海道ツーリング中に、エキパイを止めるネジがダメになりました...

アルミ製のヘッドに直接ネジが切ってあるうえに、1本止めなので定番のトラブルかも!?



IMG_0832.jpg

太い針金でエキパイを吊って、細い針金でエキパイのボルトに保険かけてます。

変な所にあるボルトは針金を絞るためです。

これで1000キロぐらい走ったのですが、いがいに大丈夫でした。

本当はダメだけど、ヘリサートで修理します。



IMG_0962_20150828231725224.jpg

なめているネジ山をドリルでさらい。



IMG_0967.jpg

ヘリサート用のタップを立てます。



IMG_0969.jpg

無事ネジ切り終了、この後フランジ面をオイルストーンで仕上げます。



IMG_0972.jpg

ボルト横の小さな、スプリング状のヤツがヘリサート(スプリュー)で、専用工具で挿入します。

本当はエキゾーストにヘリサートはダメなんですよ~!!

ヘリサートがダメじゃなくて、ステンレスがダメなのです!

ステンレスは“かじり”がでるので、高熱(エンジンではエキゾーストだけ)にさらされる場所にはNGなのです。

車もバイクも、エキゾーストボルトは純正では鉄製です(最近のは知りませんけど!?)

でもボルトをスタッドにすれば、脱着もなくなるから自分的にはオッケーです!←やる方は自己責任だす!!


ポート側の肉厚が薄いので、タイムサートも不安があるし、ほんとはネジ穴を溶接で埋めて穴加工すれば完璧なんすけどね。


スポンサーサイト




BLUE MAO MAO

TEL 022-216-9666
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目3-30 いろは横丁内
OPEN 11:00~19:00
水・木曜日 定休


| HOME |